あすなろ応援便 第40弾について(お願い)

来月のゴールデンウィークに第40弾の実施を前に、ようやく乍ら準備を始めました。以前にも書いた通り、今回は少し内容が異なり、応援便というよりは「お遊び」の要素が多い内容にしました。

久し振りに当方から参加して戴くメンバーは約20名となり、現地でも馴染みになった皆さんにお手伝い戴けるようですので、スタッフは総勢30名以上になりそうです。

今回の行程はGWの大渋滞にも関わらず、かなり強行スケジュールを組みました。何せ、初めて参加して戴く方や暫く東北に行けなかった方、ボランティアはしていたものの初めての訪問先だから、と理由は様々ですが、誠に勝手乍ら自分自身がどうしてもこの機会に見て置いて欲しい場所、会って欲しい人達のところへお連れしたい、という想いが募り、変更になる可能性は大ですが次の行程で向かいます。

東名・首都高速・常磐道経由で仙台東部道路・三陸道を走り、3日の夜に大船渡へ。初日の見学場所は常磐富岡駅前、南相馬、亘理、石巻、女川、南三陸で震災の爪跡を敢えて見てもらうコースにしました。まだ線量が高い地域、4年前とほとんど変わっていない場所、震災遺構など、初めての方には少々辛い気持ちにさせてしまうと思います。それでも、やはりこの機会に現地の状況をしっかり目に焼き付けて欲しいと思います。夜には宿泊地である大船渡に入りますが、ホテルや旅館ではなく馴染みのフレアイランド尾崎岬のバンガローです。夕食は復興屋台村。大人数でまとまっては入れませんので各自好きな店で、というスタンスです。

翌日は8時頃出発し、一路釜石の平田漁港へ。この日は終日子供さん向けのイベントをして過ごします。今回参加のスタッフで、小物作りや料理の得意な方がいらっしゃるので、振舞いコーナーや工作教室など、今まで以上に充実し、子供はもちろん高齢者の皆さんにも参加して楽しんで戴ける内容になります。夕方にイベントを終了し、反省会と交流会を兼ねて鵜住居の「絆 釜石」さんへ訪問。現地の皆さんとの交流を深めたいと思います。その後、再び大船渡へ戻って宿泊、最終日は早朝7時出発で大船渡市街、陸前高田、気仙沼と回り、昼過ぎに亘理のイチゴ農家さんへ。復活したイチゴ畑を見せて戴き、残っていればイチゴ狩り、そしてお母さんの手作り郷土料理と体験談を聞かせて戴きます。駆け足の三陸訪問ではありますが、こんな機会(GW)でも無ければ出来ないことです。そんなハードスケジュールにも関わらず参加して戴く皆さん、そしてGWにも関わらず温かく迎えてくれる皆さんには心より感謝申し上げます。

さて、今回は特に配布会は予定していませんが、どこでも需要の高い消耗品類と景品に使えるようなギフト商品、保存の利く食品・海苔・佃煮・調味料などのギフト商品をご提供戴けるのでしたら有難いです。

誠に心苦しいお願いではありますが、今回のイベントはかなり経費が嵩みそうです。これまでにも既にご協賛戴いた方もありますが、もし応援してやろうというお気持ちを戴けるのでしたら有難いです。ご協力戴いた浄財は全てイベントの運営資金や献花台での供物などに充当させて戴きます。何卒宜しくお願い申し上げます。

協力金振込先    ゆうちょ銀行 【店名】 二二八 【店番】228 普通預金

              【口座番号】2871325 【口座名義】あすなろ応援便

ゆうちょ銀行からのお振り込みは 【記号】 12270 【番号】 28713251

                      アスナロオウエンビン 宛でお願い申し上げます。

尚、物資のお問い合わせなどは携帯メール hiro-yotsuun@docomo.ne.jpか

PCメール dolphine0913@yahoo.co.jpへ戴くか、携帯電話 090-3253-0251へ直接ご連絡戴ければ幸いです。PCメールは最近機種が古いためメールを送れませんが、タブレットで受信・読み取りが出来ますのでご返信に時間を要しますが予めご了承下さい。

カテゴリー: Blog パーマリンク