いよいよ明日、第30弾出発です!

ご支援・ご協力戴きました皆様のお蔭で第30弾出発前日となりました。相変わらず直前になって仕分けをしておりますが、最近ずっと近所の高校生Y・T君が学校帰りに当社へ来てくれ、我々が何も構えないのに一人で黙々と仕分けをしてくれました。今日も、福井の赤十字社からお預かりした新米150kg、メンバーのM君からの玄米60kg、愛媛のZ様からお送り戴いた新米をY君のお祖母様とお友達2人が朝から2kgずつ小分けして戴き、夕方からはY君とお祖母様が再び仕分けに来て戴きました。お蔭で明日積み込む物資の仕分けはほぼ終わり、後は積み込むだけです。今回も衣料品・食器類をはじめ、おもちゃ・ぬいぐるみ・家具・家電・自転車・消耗品など多種多様の物品と醤油・米・手羽先などの食品類を4t車2台に積んで行きます。さらに炊き出しとしてことよさんのみたらしだんご300本、ハマグリ30kg、当社の誇る料理長は有名な「赤福」もどきを現地で作る!と張り切っております。参加者もレギュラーメンバーに加え、愛媛・仙台・栃木からのご参加者と、地元で5名ほどの初参加者を加え、総勢18名となりました。今回は電子ピアノと学習机の希望を戴いたので、そのお届けを軸に訪問先を調整したんですが、電子ピアノはお届け前にブログでもご紹介した仙台在住のピアニスト、石井りえさんが仮設住宅でミニコンサートで使って戴いてからお渡しすることになりました。行程の中ではメンバーが交流をもった方との再会もあり、慌ただしい行程ではありますが参加者各自が目的をもって活動させて戴きます。

フェイスブックでは行程等書き込みましたが、このブログをお読み戴いている方にも改めて今回の講堂予定をご報告申し上げます。

明日午後7時集合、午後8時前に出発して東京回りで初めに気仙沼港へ。ここで7月にお邪魔した気仙沼大島から来られるⅠさんに手芸用の布地をお渡しし、その後北上して大船渡市三陸町綾里にある「黒土田応急仮設住宅」(約80世帯)で配布会・炊き出し・ミニコンサートを行います。この間に大槌町の学童保育所さんへ愛媛ミカンをお届け、ピアノと机も大船渡市内の学童さんへそれぞれお届けします。宿泊はいつものキャンプ場、フレアイランド尾崎岬のバンガローで、翌日は午前8時出発、国道45号線を南下して南三陸町・石巻経由で宮城県亘理郡山元町の箱根仮設住宅へ。新規参加者のために志津川地区の状況や石巻の門脇小学校など、当時の様子を伝える「震災遺構」を実際に見てもらいます。今回は中学生・高校生・大学生と若い子も同行しますので何かを感じてくれれば、と願っています。箱根仮設へは2度目の訪問となりますので、顔見知りの方との再会が楽しみです。

ただ、秋の行楽シーズンの連休であり、おそらく渋滞に巻き込まれて行程が狂う事も覚悟していますが、これまで幾多のトラブルを乗り越えてきた「あすなろ応援便」です。無事に予定を消化し、活動報告書で皆様に現地での様子を見て戴けたら、と願っております。各方面からのご支援・ご協力、本当に有難うございました。m(__)m

カテゴリー: Blog パーマリンク