20日ぶりの更新です。

どうも最近サボリぐせが就いてしまったようで、昨日も桑名のA社長からお叱り(?)のメールを戴きました。今月は月初から新規の仕事(スポット)が入ったために朝から晩までバタバタ。先月末、丁度陸前高田へ出発する2日前に母親が入院、先週土曜日に叔父の1周忌・日曜日に伯父の四九日と
法事が続き、東京都八王子へ16時間の日帰りをこなしました。折角東京へ行ったからスカイツリーでも見たかったんですが・・・。さて、そんな中でも依然として支援物資をお届け戴いております。
先週末にはまたもや前田商会様から自転車6台、東京のK様、大阪のN様、福岡のNTS48様、
千葉のT様、西宮のK様、今治市のY様、そして上越市のT様。いつもいつもご協力戴いている皆様からいろいろな物資を送って戴きました。昨日も地元のIさんがたくさんのシャンプー類をわざわざお持ち戴き、つくづく有難いことと感謝申し上げる次第です。1年3ヶ月が過ぎ、少しずつ震災の話題も減って来ている中、しかも衣料品や食器類の募集を小休止しているにも関わらず皆さんが心配りをして戴き、どれも貴重な品々ばかりでした。今週末に予定していた第19弾は台風4・5号の影響を考慮して延期とさせて戴きましたが、必ず次回の応援便でお届けさせて戴きます。本当にありがとうございました。
台風4号が丁度和歌山に上陸した頃、台風の進路を見ているとどうも宮城県南部あたりから太平洋へ抜けるコースです。夜、どうも気になって亘理のSさんにメールを送りました。「遠くにいる親戚」のような方ですので、あのビニールハウス大丈夫かな、とこちらの事以上にきがかりです。
翌朝、確認のメールを送ったらビニールハウスは何とか無事だったものの、露地栽培していた野菜は全てダメになったとのこと。「頑張っているのに自然は残酷です・・」という文面が辛かったです。
周りに遮るものが何も無い土地ですのでどうすることも出来ない無力感だけが残ります。それでも
隣の家に住民が帰って来たよ、という明るい話題も聞け、また何らかのお手伝いが出来れば、と思っています。そのような復興地の方達にとって、皆様からの心の籠った物資は何よりも有難く、それ以上に未だに応援してくれていることが心強い、とよく耳にします。こんな時勢ですからいつどこで何が起こってもおかしくありません。明日は我が身かも知れませんが、今自分に出来ることを継続して行こうと言う気持ちは変わりません。どうか今暫く、引き続き皆様の温かいご支援・ご協力をお願い申し上げます。
尚、大変遅れております第16弾・17弾・18弾の活動報告書、ようやく製本が完了しますので
来週にでも発送させて戴きます。いま少しお待ち下さい。

カテゴリー: Blog パーマリンク